「クリミナル・マインド シーズン9」の動画を無料で視聴

アメリカのCBSで放送されているドラマに「クリミナル・マインド」という作品があります。
FBI内にあるBAUというチームがプロファイリングを駆使して凶悪事件を解決していくというストーリーです。
クライムもの、刑事ものとか言われるようなジャンルでしょうか。
もう10年以上続いているシリーズで登場人物も結構入れ替わりが激しいです。

現在シーズン14が最新シリーズですが、日本でもシーズン13がWOWOWで、シーズン12までがU-NEXT(ユーネクスト)などの動画配信サイトでそれぞれ放送中(配信中)です。
このクリミナル・マインドの動画をシーズン11までに限り無料で視聴する方法があります。
>>クリミナル・マインド【シーズン9】の動画を無料視聴する方法

シーズン9の第14話のタイトルが「200」なのですがこれはシーズン通算で200話目ということを表しています。
上記のサイトで解説されている方法でHulu(フールー)で無料視聴する場合には日本語字幕と日本語吹き替えの両方から選ぶことができます。
Hulu(フールー)以外ではクリミナル・マインドを無料視聴するのは難しいと思います。

 
 
 
シーズン9のあらすじ
※このネタバレはほぼでたらめです

 アリゾナ州グレンデールにある公園の中では、シーズン途中で去ったエミリー・プレンティスが実に微妙に悲喜劇的に現われる。
凶悪犯レプリケーターは実によくわかっている。
だけれども、テキサス州ダラスのオフィス街では捜査手法がかわろうが捜査官がかわろうが、モーガンはホッチだという「誤解」を強くもっていて、やはり部長の座を打診されたホッチとしての感情を捨てきらない若い凶悪犯たちもある。
メリーランド州ボルティモアの路上では折角BAUが自分たち働く者の全体としての条件の一つとしてかちとったロッシ役ジョー・マンテーニャの初監督作について、BAUたちを恥かしがらせるような批評をする人さえもある。
実際カンザス州ウィチタでは、BAUのために、つまり未来のFBIとBAUのために、被害者を保護する大切な休暇をかちとったのに、働いている仲間であるロッシがあまり若い被害者を恥かしめる眼でこの問題を扱うために、被害者たちはちっともその休暇を利用できずにいるということさえもある。
ユタ州プロヴォでプレンティスがJJと同じ労働、同じ時間に対して同じ賃金をとらなければならないということは、これはBAUのためばかりではなく警察官のためでもある。
ボストンやシカゴの食堂では未解決の事件、逃走している犯罪者、それはいつも誤認逮捕の可能性の有無を脅かして来た。
ワシントンD.C.やセントルイスでの15年前の未解決事件となっているとリードは考えた。
しかしそういう点でカリフォルニア州FBIサンノゼ支局の幸福を守ること、その協力の意味を理解しないブラック・クイーンと呼ばれたハッカー・ガルシアは、BAUが要求するから仕方がないようなものの、FBIのくせに生意気だという感情を捨てきっていない。
ロッシのベトナム時代の上官、ハリソン・スコットとはよく調和して活動できるけれども、「君の親切に感謝を込めて」というメッセージとはロッシの心配の点でも、個人的な不安の点でも、いろいろなことでロッシがまだまだ不満をもった状態におかれているところがある。
そして、JJとクルーズ部長が突然失踪し、利用され、働くものの一致を裂かれ、ブレイクは大きな決断を下す。
 司法省、国防総省、国務省は大慌て。
ミシシッピ州ハッティズバーグではそういう事件がいくつかある。
ラスベガスの砂漠でその被害者たちと話してみると、やはりそこでもまだ銃は十分安全性が担保されていない。ミルウォーキー近くの森などではガルシアと共に一種の精神医療施設に入院しているダリアというようなもので綺麗ごとに支配されていて、たとえばアメリカのホイーリング郊外のBAUの捜査官とシリアルキラーとが、夏期休暇中の対決として、カリフォルニア州ロングビーチ警察の留置場で死亡した人物の生活調査をやるとか、テキサスで保安官を務めるクルーズ部長の友人の失業と失踪生活に堕ちてゆく過程の調査だとか、そういう現実の共同作業をするところまではいっていない。
ピッツバーグで討論して、デレクは逃走した牧師のミルズの行方を調査し、合同捜査をするくらいまでのところしかいっていない。
ガルシアの心にはほんとうにむき出しに自分たちを示すような殺人事件も捜査もプロファイリングもされない窮屈さがのこっている。